美容室での髪型リクエストのコツ

美容室でいつも思い通りの髪型にならないと悩んでいる方にとって、どうやったら自分のしたい髪型が伝わるのかは切実な問題です。どのようにリクエストをすれば思い通りのヘアスタイルが実現するのでしょうか。あまりなじみのない美容室で絶対に言ってはいけない言葉が「おまかせ」です。気心が知れていて好みを全て分かってくれている美容室の美容師さん相手であればおまかせでお願いするのも良いのですが、その人のことをほとんど知らない美容師が、その人の好みのヘアスタイルを分かるはずがありません。

もっとも良いリクエスト方法は、なりたい髪型の写真を持っていくことです。さらにいえば複数枚あるとなお良いでしょう。複数枚ある髪型を見て美容師は、その人がどんなイメージを持ってその髪型にしたいと考えているかだいたいつかむことができるからです。もうひとつ大切なことは、もし絶対にこれだけは嫌だということがあれば先に言っておくことです。

例えば「前髪は絶対に眉毛より短くしないでほしい」や「毛先をすきすぎないでほしい」などです。他がどんなに理想のヘアスタイルであってもたったひとつ嫌だと思うポイントがあるだけでその髪型はその人にとって失敗になってしまいます。写真もなく、特に嫌だというポイントもない場合、なりたいイメージを伝えるのも一つの案です。「女の子らしく見えるように」や「仕事ができそうな雰囲気にしたい」など、思っていることがあれば遠慮せずに伝えましょう。

美容室でリクエストをするのが恥ずかしいという方がいますが、プロの美容師はなるべく具体的なリクエストを聞きたいと思っています。遠慮せずに自分の希望を伝える努力をすることが、理想のヘアスタイルの実現につながります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です