• 法人でのタブレット端末の活用法

    株式会社や合同会社などの法人では、タブレット端末を社員に持たせるケースが増えています。


    法人がタブレット端末を導入する主な目的は業務効率化であり、リアルタイムで情報を共有することで業務の効率化が図れます。

    安心できる業務用のタブレット情報を選ぶ時のポイントを紹介いたします。

    法人でのタブレット端末の活用例としては、営業社員に端末を持たせて商談の際の商品説明などに活用されています。紙媒体のカタログやパンフレットでは説明するのに時間がかかりますが、端末を使用すると短時間でわかりやすく商品説明をすることができ、新規契約の獲得などにつながります。

    nanapi情報をお教えします。

    保険会社などでは外回りの営業社員にタブレット端末を持たせることが多く、契約獲得に大きく貢献しています。

    端末を使うとその場でシミュレーションなどをすることができ、お客様を説得することに大いに役立ちます。



    端末はノートパソコンよりも小さいので、持ち運びが容易である点も大きなメリットです。


    端末を使って商談をすると、紙媒体のカタログやパンフレットを製作する必要がなくなります。
    紙媒体の印刷物を作成するには膨大なコストがかかりますが、電子カタログだと用紙代や印刷代が不要になるため、コストの削減が図れます。

    居酒屋などの飲食店ではホール係の従業員にタブレット端末を持たせるケースが多く、お客様からの注文を端末に入力しています。

    入力したデータはリアルタイムで厨房に届き、オーダーミスを防ぐことに役立っています。

    端末を導入することによって、従業員の労力の軽減と顧客サービスにつながっています。