• 法人業務用の端末にはタブレットの導入を

    タブレットPCの導入のメリットとして1ユーザーインターフェースが使いやすい。
    2堅牢であり壊れにくい。


    3ノートパソコンよりも安価である。



    など多数上げる事ができます。
    1ユーザインターフェースが使いやすいのは、素手でパネルタッチで操作をするので、マウスやキーボードなどの操作が不必要であり、ほとんどの操作が画面ボタンに集約されているので、複雑な操作や細かい設定などが少なく、法人向け業務端末としては最適であるためです。
    これには端末操作に特別な社員教育が必要ないため、業務用端末にありがちな分厚いマニュアル整備することが少なく、感覚的に操作の習熟が可能となるためです。
    2堅牢で壊れにくいのは、画面側に強化ガラスや強化フィルムが装着されているため、ほとんど壊すことがありません。

    またノートPCのように、ディスプレイとの継ぎ目の蝶番部分がなく、タブレット端末はタッチ式のディスプレイによる直接の操作になるので、マウスなどのポインティングデバイスを付属させる必要が少なくなりますので法人向け業務端末には最適です。



    3ノートパソコンより安価であるのは言うまでもないですが、ディスプレイ、キーボード、マウスがありません。



    また入出力コネクターなどが少なく部品点数が極めて少ないので重量も軽量です。


    価格帯も3万円台以下でそろうようになってきており、OS等の管理も通常のパソコンと比べて難しいことがないので、トータルコストの面でも非常に手軽で導入することが出来ます。


    よって法人向け業務端末にはタブレットを導入するのが最適とされます。