• 各法人でタブレットの現場導入が進んでいます

    各法人では今、オフィスのIT化が物凄い勢いで進められています。
    もはや紙とボールペンだけで事務仕事をするオフィスは殆どありません。

    法人の規模の大小に関わらず、今ではデジタル機器によって日常的な業務が進められています。

    法人タブレットのいろいろな情報を集めました。

    アナログで書類を作成するよりも、デジタル機器を用いて書類を作成した方が管理が楽です。
    修正や保存もデジタルデータの方が効率的であり、複製も素早く出来ます。またオフィス内のデータを社内のクラウドネットワークにアップロードすれば、各スタッフがリアルタイムで同じ情報をシェアする事ができ、アナログとは違ったフレキシブルな働き方が実現します。各法人では日常業務の備品としてタブレットが導入されています。


    サラリーマンのほぼ全てがスマートフォンを持つ時代ですが、公私混同をさせるために、仕事用のデータは業務用に配布するタブレットで扱うように、とあえてタブレットを個別に配布する組織が増えてきました。
    個人用のスマートフォンに大事な企業秘密や大量の顧客名簿を各々がインストールするのは確かにリスキーです。

    OKWaveについて説明致します。

    タブレットなら機能性も抜群、それでいて費用対効果に優れていますので、これからデジタル化を加速させたい法人に最適です。



    法人単位で大量購入すれば、一台あたりのコストが下げられますので、組織全体で一括導入すれば特にお得感が感じられます。


    また、企業向けのタブレットレンタルサービスもあり、本格導入をする前にとりあえずお試しで使いたい、という場合はレンタル契約が便利です。